このサイトでは、保険について、復習も兼ねた総合的な解説を試みています。

改めて保険とは

改めて保険とは

改めて保険とは

将来への備え、と聞いて、皆さんは、何を思い浮かべるでしょうか?
おそらく貯金をしなければ、と思うことでしょう。
もちろん、現金を用意しておけば、いざという時に利用できるため、その意味では非常に便利です。
日本人は、タンス預金を好む傾向にあるようですが、それもまた頷けることではないでしょうか?
けれども、貯金は時間が掛かり、なおかつ、将来に起きる出来事がどういうものか分からず、貯金で賄い切れるかと言えば、そうはならないでしょう。
そこで備えとして十分になり得るのが、保険です。
保険には、公的と民間がありますが、ここでお話しているものは、民間版になります。
会社勤めをしていれば、会社が勧めて来たり、あるいは、いわゆる保険のオバサンに勧誘されたこともあるかもしれません。
もっとも、今では販売ルートが変化しているようで、保険のオバサンもメジャーではないようです。
より主体的となり、自ら備えを用意しようとする人が増えているようです。
現在、公的保険への不信感が強く、個人で打開しようとの思いも強いのでしょう。
その表れが、主体的な保険加入でもあるようです。
いずれにせよ、将来への備えは大切ですが、一体保険がどのようなものであるのか、理解している人が、どれくらいいるのでしょうか?
今では変わった面もありますが、保険というと、びっしり書き込まれた契約者を渡されてしまい、何が何だか分からないけれども、付き合いで加入している、という人も多いかもしれません。
一昔前であれば、多数を占めていたかもしれません。
詳細は、記事の中で述べるつもりですが、保険はあくまで契約です。
保険金額なども、契約に基づいて支払がなされます。
契約が重要なものであるのは、言うまでもないでしょう。
また、仕組みはもちろん、税金なども知っておくことは、加入時において、非常に役立つかもしれません。
このサイトでは、こんな保険をテーマに、総合的な解説を試みています。
復習したい人向けかもしれませんが、これから学びたい人にも、お役に立てれば、と思っています。

Copyright (C)2014改めて保険とは.All rights reserved.